研究開発・プロジェクト

水レーザー加工

 
水レーザー加工システムはウォーターコラム(水柱)を光導波路としてレーザーを誘導・加工するレーザー加工システムです。従来のドライなレーザー加工では、切断面の溶融物の垂れ(バリ)や切断面に生じる溶融カス(ドロス)が問題となりますが、水レーザー加工システムではウォーターコラムの水流によって切断面を即座に洗浄するため、これらをかなり低減することができます。また、水流の冷却の効果によって、切断部の熱影響も低減することが可能です。さらに、ウォーターコラムによって加工可能なパワーをもったままのレーザー光誘導が可能なため、ワーキングディスタンスを広くとることができ、焦点合わせの必要がなく材料の表面状態(うねりなど)の影響を受けにくいという利点もあります。

御問合せはこちら

 
チタンニッケル合金チューブの従来のレーザー加工と水レーザー加工断面比較(アズカット)

従来のレーザー加工

水レーザー加工

水レーザーによるステンレスチューブの螺旋カット