ニュースリリース
ホームニュースリリース > 「先端医療開発特区(スーパー特区)」に当社の2事業部が関係

「先端医療開発特区(スーパー特区)」に当社の2事業部が関係

2008年11月18日、「先端医療開発特区(スーパー特区)」に採択されました東北大学未来医工学治療開発センターの課題「社会ニーズに応えるオンリーワン・ナンバーワン医療機器創出プロジェクト」で提案された開発プロジェクトのうち2件は当社の事業部が関係しておりますので、ご報告申し上げます。

―「先端医療開発特区(スーパー特区)」とは、―
最先端の再生医療、医薬品・医療機器について、重点分野を設定した上で、先端医療研究拠点を中核とした研究機関や企業との複合体を選定し、研究資金の弾力的運用、規制を担当する厚生労働省等との並行協議等を試行的に運用し、これにより先端的な医療の実用化、産業化や国民へのより迅速な提供に向け、研究開発の促進を図ることを目的として創設 されました。

当社が関係する東北大学のス−パー特区課題項目は、次の通りとなっております。

  スーパー特区課題項目 当社事業部
臨床対応型細胞呼吸測定装置の開発 測定機器事業部
新規アルツハイマー病早期診断機器・試薬の開発 イメージング事業部

これにより、当社事業部の革新的な技術の実用化に向け、研究開発の大幅な効率化が期待されます。
クリノは「技術革新を医療へ」を合言葉に、最先端工学の医療応用を目指してまいります。